2012年1月31日火曜日

「食文化と博物館 食べるフィールドワーク」2月8日@中部大学



今年度は県内の短大で食文化についての講義を頼まれた。中尾佐助、小泉武夫…と並み居る大御所の中で、石毛直道氏の著作はもっとも参照にした文献だった。


調査地の幅の広さ、食器や料理器具、所作に至る、食にまつわる分析枠組みは非常に参考になった。すでに第一線からは退かれていることもあり、なかなかお話を伺える機会は少ないのだが、2月に講演会が設定されたので、さっそく予約した。


これ以上食欲が増してしまうのは困るが、「研究」のためにて。

0 件のコメント:

コメントを投稿