2010年6月20日日曜日

もういくつ寝れば…

仕事が終わらず、持ち帰りで英文(フランス語含む)和訳。A4で20枚近くあったはずだから、2日で終わればまま怒られないでしょう(締め切りは4時間ほど過ぎてしまったけど)。

遅くなったので、skypeでも開いてみる。

ああ、そうだった。3週間後には彼の地に飛び立つのだ、と思うと、事前に準備のつもりで向こうの友人たちに電話してやろう。時差もちょうどいいし。前回の調査でずいぶん世話になったAminouと、もう腐れ縁に近いAbudul。オヤジ氏の声も聞きたかったけど、昼寝中らしい…ああ、そんな時間だな、と。

世間の荒波にどっぷりともまれたこの3カ月。帰国数日後の研究会発表から、学会発表、論文…毎週何か仕事をしていた気がする。

去る木曜日。粗稿のレベルの論文を見てもらった。その後の食事の席で新任准教授に言われる。

「あの論文は、練りが足りない。昔、初めて読んだ「ラスタのフロンティア」、粗かったけどよく練られていた、と思ったんだけど…」

忙しさ、は何の言い訳にもならない。何足のワラジをはいていてもできる人はできるし、一足でもできない人はできない。でも、まともに見直しもできず、すでに校正してもらった論文が10日経っても手がつけられない…読んでもらうにもとても気が引ける。こんなのしか書けないのか、と自信喪失気味にもなる。

少しワラジを脱がないといけなくなってきた。この1ヵ月、痛感した。

なので、決めたのです。過大な期待をしてくれたNGOには、本当に申し訳なかったけど、知らないうちについた力よりも、これからの力のために、今の体力も気力も使うことにしました。あと1週間、少々窓際っぽくなってきたけど、腐らずに仕事します。終わったら、もう一皮むくために、行き馴れた彼の地に。

2010年6月3日木曜日

中間管理職と…

毎週の新幹線通勤。何の権限もない中間管理職…

こんな時間に研究室にたたずんで小説に身を任せてみる。

2階のタバコスペースでタバコを燻らせながら「なにやってんだろう…」。

まだ何を背負わされているわけでもないのに、なにを焦ってるんだろう…とか。

誰かのために、という生き方は責任を転嫁しているだけ?何かの言い訳にしたいだけだろうか?まだこの生活も2カ月だけど、本にまみれることや、フィールドで汗をかくこと、そして文章を書くことに飢えを感じる。こんな年になり、熱っぽくこんなことを思ってみる。

あっ、そうか。「不惑」というのはこういうこと??