投稿

公開座談会「現代アフリカカルチャーの現在地」(12月21日)@京都精華大学

イメージ
年の瀬になりますが、12月21日にこんなイベントを行います。

大学院に入った時の師匠である和崎春日先生、僕らより少し上の西アフリカの文化研究をけん引された鈴木裕之先生、そして、僕らの世代の映像人類学、文化研究の気鋭の研究者である川瀬慈さんをお招きして公開座談会を行います。

この座談会をまとめたものは、現在準備中の同名の本の「まとめ」にあたる部分掲載されます。

お申込みは必要ありませんが、部屋が狭くなっておりますので、ご希望の方はお早めにいらしてください。



アフリカ(海外生活・情報)ランキング


にほんブログ村

ご恵投いただきました『あふりこ フィクションの重奏/偏在するアフリカ』

イメージ
編者の川瀬慈さんよりご恵投いただきました。先日、執筆者の一人、ふくだぺろさんからこの本のことを少し伺っていて、ぜひ購入しようと思っていた矢先の行幸でした。

この著作は副題にあるように「フィクション」を編むという、僕らがずっと接してきた「客観的な」記述を積み重ねる書物とは一線を画する。せいぜいノンフィクションまでは、自分でやってみようと思ったが、この発想はなかった。早速読み始めているが、サイエンティストであり、アーティストである編者と著者が意識的にサイエンティストの立場から距離を取っていることがよくわかる。川瀬さんによる「結びにかえて」には、こんな一節がある。

「我々が普段身を置く、アカデミックなシステムや学問的規約の中で枯渇させたくなかったものはいったい何なのだろうか」(338)

今や、こんな瑞々しい思考すら縁遠くなってしまい、はっとさせられるのだが、アカデミックな場における自由な発想はロジックからだけでは成立するわけもなく、常にこうした柔らかい頭が必要だ。特に公務に教育に忙しくし、なかなか研究する時間のない研究者にはお勧めしたい一冊である。




にほんブログ村


にほんブログ村

ご恵投いただきました。『アフリカで学ぶ文化人類学 民族誌がひらく世界』昭和堂

イメージ
執筆者の中尾世治さんよりご恵投いただきました。

文化人類学は、その定義にかなりばらつきがあり、よって「これ」といったテキストもない。

執筆者の中尾さんと僕は、地球研の同じプロジェクトに所属している。僕らの周囲の多くは自然科学者で、中でも工学者が比較的多い。現在、プロジェクトの最終成果物として、私たちが研究してきたことを「教科書」にまとめようという計画が進んでいる。「教科書」と言った時、工学者にとっては、ある意味で「定本」、偉い先生が書くものという認識が強く、僕らはギャップを感じた。というのは、文化人類学では、ポスドクくらいの人が「教科書」っぽいものを書いてしまう。この本の編者陣は、それよりもだいぶ上の世代だけど、文化人類学の領域の中では、中堅どころの元気のいい世代と言ったところか。

この本は、このあたりを十分に理解した上で書かれていて、編者自身が、バランスのいい教科書などない、いろんなものを取り入れることでバランスをとるのだ、というスタンスに立ち、法人類学、芸術人類学、歴史、生態と多様なテーマの論考が続く。しかし、寄せ集めということでもなく、ちゃんと、それぞれの領域の古典文献に沿って書かれているあたりは、講義で使う上でも大変ありがたい。

息の長いテクストになることを祈っている。


アフリカ(海外生活・情報)ランキング


にほんブログ村


にほんブログ村

IS首領殺害後のブルキナファソのテロ報道の展開

イメージ
相変わらず何かとざわついているブルキナファソの治安状況。ニュースを眺めていて少し気になったことがあったので、ちょっとメモしておこうと思う。

10月27日のニュースでトランプがISの指導者バグダディを殺害したことを発表した(BBC, 20191027)。中東のISと西アフリカのISがどれほどのつながりを持つのかは、おそらく知る人は少ないと思うのだけど、少なくとも、アメリカが、自分たちに連なる重要人物を殺害した、ということは、とても象徴的な出来事であったと考えられるし、間違いなく何らかの形で影響がでるだろう、と考えていた。案の定というか、その後の事件の状況を見ていると、10月27日以降、今日までですでに10件の殺傷事件が、特に北部、もしくは、欧米諸国の重要拠点で起きている。その前の1か月だけで見てみると、5件の殺傷事件が報道されていて、単純に倍になったことがわかる。ニュースを読む限りでは、正体不明の殺傷事件というよりは、むしろ、バグダディ氏殺害の影響とみた方がよいように思う。

そして、時を同じくして、興味深い別の動きがあった。これは、ちょうど在ブルキナファソ日本大使館が危険度を更新(2019年11月15日)し、レベル2のエリアを拡大した翌日から起こっている。日本の危険度変更がそれほど影響するわけではないだろうが、それから3日間の間に、「テロリストを撃退した」という論調のニュースが立て続けに報じられた。おそらく、実際にそうだったのだろうし、ジハーディストの動きがある程度把握できるようになったためか、もしくは、仏米の後方支援やマリとの共同戦線が機能したことによるのか、もしくは、こうした報道ばかりを流しているだけなのか…

しかし、いずれにしても、トランプの支持率回復だけを見こしたバグダディ殺害は、良い影響はなく、西アフリカの状況は少しずつ泥沼化しつつあることは間違いなさそうだ。

(20191127更新)

にほんブログ村


アフリカ(海外生活・情報)ランキング

第2回アフリカ発酵食品文化研究会「アフリカの食文化の深淵に迫る」(2019年12月1日)

イメージ
直近になりましたが、12月1日にこんなシンポジウムを開催します。字が小さくて見えにくいので、テクストを下に張り付けておきます。
登壇者:高野秀行(ノンフィクション作家)、佐藤靖明(大阪産業大学)、清水貴夫(総合地球環境学研究所・京都精華大学)
司会:藤本武(富山大学)
コメンテーター:重田眞義(京都大学)、横山智(名古屋大学)
主催:京都精華大学アフリカ・アジア現代文化研究センター(CAACS)
共催:科学研究費補助金(基盤研究(B))「アフリカ食文化の新展開:食料主権論のために」、総合地球環境学研究所「サニテーション価値連鎖の提案」プロジェクト


にほんブログ村


アフリカ(海外生活・情報)ランキング

ブルキナファソ治安状況のまとめ9月~11月

イメージ
10月末にトランプがどや顔で伝えたISの指導者、バグダディ氏殺害の報。僕はビン・ラディンを殺害した作戦中に椅子に浅く腰かけて足を組み、薄笑いを浮かべていたオバマですら戦慄が走ったのだけど、今回は単なるチンピラ大統領の支持率欲しさのための生贄を殺した、というように評価している。

表は2019年9月~11月7日までに起こった主な出来事をまとめたもの。現地で確認することはできないので、基本的にいくつかのWebで見られるニュースをリスト化しただけのもので、もしかするとほかにもあったかもしれない。相変わらず、ISの犯行声明があるものはそれほど多くなく、小さい事件は、ジハーディストのものではない可能性があるが、今年の前半よりも件数はかなり増えている。

2019年10月12日のJeunne Afrique誌によると、アルカイーダ、ISグループが興った2015年以来、ジハーディストがらみと思われる死者は600人を超えたという。その後、10月27日、11月6日に大きな事件が起こっているので、その数は700人に迫らんとしているだろう。実に多くの人が亡くなり、傷ついてきた。そして、まだこの動き、つまり、ジハーディストのテロ行為は収まるどころか、益々盛んになってきている。こんなことばかりを追いかけねばならないのは、心が痛む。本当に早いところ沈静するように心から祈っている。

【参考】
Jeunne Afrique (2019年10月12日)
https://www.jeuneafrique.com/842372/politique/burkina-16-personnes-tuees-dans-une-mosquee-un-millier-de-manifestants-contre-le-terrorisme/



アフリカ(海外生活・情報)ランキング


にほんブログ村

ラジオ出演しました(2019年11月1日)

イメージ
最近、スマホでラジオが聞けることを学んだ(今さらかい!)僕は、たまに作業をしながらラジオを聴くようになった。中高生のころは、深夜番組を聞き、週末は家でヒットチャートを聴くのが習慣づいていたが、いつのころからかすっかり縁が薄くなってしまっていた。

ある日、貴一朗のお迎えから帰り、夕食の準備をしながらラジオに耳を傾けていると、「宗田勝也の難民カフェ…」というアナウンスが。ん?宗田勝也?

宗田さんは地球研の同僚で、しばしば仕事でもご一緒する方。難民の研究をされていることは存じ上げていたが、こんなことやっていたのか…ということで、その数週間後には、ちょっとしたアイディアを携えて、「京都三条ラジオカフェ」を紹介してもらうことになった。

三条寺町にある、この小さなラジオ局はNGOで、発信する側のために番組が作られる。多くが持ち込み企画で、1回限りのものから何年も続いている番組もある。そして、中には、普通の公共放送では乗るわけもないマニアックなものまで。

いろいろ説明を聞いているうちに、「良ければ一度番組にでてみないか」とお誘いを受け、以下の番組でしゃべることになった。

京からGreenコミュニケーション
「アフリカの話をしよう ブルキナファソってどんな国?」

若干鼻息が荒いのはお許しいただき、ご笑聴(というのか?)ください。アフリカの話というよりも、ラグビーの話が長いのですが。


にほんブログ村


アフリカ(海外生活・情報)ランキング