2009年6月23日火曜日

調査日程決まる

論文は終わらない。一旦粗い原稿をあげて、ゼミで血祭りにあげられるのだろうが、その先はまだまだ真っ暗。

そうこうしているうちにそろそろ7月の声が聞こえてくる。調査の季節である。

泥沼の論文から現実逃避しつつ、夏の調査計画ができた。出発は7月23日。旅行会社の方にはさんざん迷惑をかけたが、なかなか安い手配が出来た。エールフランスで見積もったときよりも15万ほど安い。自分の研究費を持っているとはいえ、微々たるもの。これだけ安くなると少し気持ちに余裕を持って出発できるというものである。

今回の調査は、引き続きワガドゥグのストリートの調査、ワガドゥグの歴史、あと、先々のことを考え、ワガドゥグに住む西アフリカの商業民族、ハウサの人びとのカルティエの調査を行う。相変わらず盛りだくさんで、バラバラなことをやっているように見えるかもしれないが、この一つ一つは有機的につながっている。全部できるわけはないが、できたこととできなかったこと、あとで見直して次回の調査目標を立てていくわけである。

今回は3か月。前回の調査では、悩んでいたことをミクシで文字化したことで、今年のアフリカ学会のネタができた。研究を始める時、ある友人にブログをフィールドノート代わりにするのはどう?と言われて、こうやってさらしてみるのだが、すぐに人に見せるように文字化することで意外に成果も上がった。今回からはこちらに書いていくつもりにしている。

2009年6月17日水曜日

腐りかけが一番うまい?!

論文を書いている。約1年寝かしてしまったやつ。たぶん腐りかけギリギリだった。

一応一通り書いて、これから調整していく過程に移るわけだが、この作業がつらい、というか痛い。自分の文章など、読んでいて気持ちいい、という感情に駆られたことはない。よく「結論が書ければ半分…」と言われるが、たぶんもう半分はこの作業ではないか、と思う。

それで、なんでこの論文が腐りかけギリギリだったか、と言うと、自分で書いた内容をほとんど忘れてしまうほど忘却の彼方にあったからで、結構熱い思いと書きあげる決心をして、昨年の誕生日に始めたように記憶している(mixiの日記にそう書いてある)のにも関わらず、である。それでも、章をひっくり返し、混乱している部分を削り、必要な情報を付け加え、という作業を繰り返し、なんとかここまで来た。

ところで、今年のゼミのルール。
・Dの院生は基本的に発表の前の週に論文を出すべし
・出せんかったら名大ビールをおごるべし。

ビールを誰におごるのかよく知らないが、もし全員分なら、15人程度…7,500円…結構なプレッシャーで、このペナルティが心が切れない最後の砦。提出は明日なのです…

2009年6月10日水曜日

高槻市の体育協会が…

高槻市の体育協会が破産した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090610-00000123-jij-soci

体育協会がどんな団体か、と言うと、おそらく、(財)日本体育協会、と言うのがトップにあってその下部団体に各地域の体育協会がある、ということか。ぼくの大嫌いな古館伊知郎あたりが「裏金の温床」とか、「天下りの温床」とか言って騒ぎそうな感じの組織繰りだけど。

たとえば、横浜体育協会あたりの業務として、競技スポーツの推進事業、スポーツ支援事業、健康・体力づくり事業、スポーツ人材の要請・育成・活用事業、スポーツ施設管理・運営事業、スポーツ情報の収集・提供事業、スポーツ団体等の育成事業、その他と、8つの柱を抱えている。大概の市民マラソンの類の事業は体育協会の管轄にあるらしい。

この事件、1996年にサッカー大会中に当時高校1年生のサッカー部員の頭部に落雷の直撃。このサッカー部員が重い障害を負ったことで、学校や大会運営にかかわった高槻市体育協会に損害賠償を求めている訴訟ということ。お天道様のしでかした事件で、なかなか切ない判決な気がする。市体育協会の無念ながらのこの判断は潔いし、被害者にも同情を持たざるを得ない。

しかし、それでこの団体を潰してなんかなるんだろうか…この街からすっかりスポーツが無くなってしまいそうな感じがしてしまう。

2009年6月2日火曜日

俺に近寄ると危ないぜ ~酷暑の6月~

ポストモダンとか、たまに使うくせに、私自身は完璧に「モダン」な大量消費型の人間である。最近でこそダイエットなどと言っているが。

そろそろ梅雨入りのニュースなどもチラホラと聞くと思ったら、6月に入ってしまった。時の流れの速さには今更驚きはしないが、今の時流についてはホトホト参る。

何が参るか、と言えば、今年から学内のほとんどで、エアコンが使用できるのが7月1日からになったことである。大量消費型の私は熱量排出量も多く、当然のことながら、あまり暑いところではオーバーヒートを起こす。殊、日本という環境にいることを自覚的に生きているわけで、体よりも精神的にオーバーヒートを起こすような気がする。

とか書いていたらますます暑くなる。