寺田匡宏2015『人は火山に何を見るのか 環境と記憶/歴史』昭和堂


この研究所はちゃんと研究所で出した本をいただけるので、これはとてもうれしい。もちろん良くわからない本も多いので、そのまま本棚に直行する子もいるのだけど、この本は、まずは読めそうで特にうれしい。

寺田さんは隣接分野にも関わらず、なんかうまいこと関係性ができる前に任期を終えられた。まえがきの部分を読ませていただいたが、なんて優しい人なんだろう、と思った。もっと勉強させていただけることがたくさんあったのに…という後悔があります。お互いにまだ若いし、どこぞで交わりが持てることがあるのを楽しみに。それまでに、勉強させてもらおうと思います。

ありがとうございました。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

祝刊行!『ブルキナファソを喰う アフリカ人類学者の西アフリカ「食」のガイド・ブック』あいり出版

ブルキナファソの選挙終了