2015年3月12日木曜日

2014年度の業績と2015年の展望

もう3日もブログをあげていなかった。なんもしていなかったわけでなくて、適当に忙しくしてました。

遅れに遅れている原稿を頑張っているのと、2015年度に向けた体制作りをしているのだけど、まあ、まずは恥(今年度の仕事)をさらしておくべきだろう、ということで2014年度の振り返り。

なにはともあれ、論文が「0」というまず酷い話がある。出した原稿がすべて2015年度にずれ込んだ、ということなんだけど、学会誌に投稿するはずだった原稿も間に合わず…これは激しく恥ずかしい。今、正に2,3本の見えている原稿に取り組んでいますが、これがなかなか大変。そんなこと行ってられないのですが。

今年度は4度の海外渡航があり、セネガル、カメルーンで成果発表をしました。ほかに、アフリカ教育研究フォーラムの大会委員長を務めました。あと前期は愛知県立大学での非常勤などもありました。かなり働いた実感はありますが、やはりペーパーがないので、今年度はダメです。

来年度はペーパーのラッシュにします。予定の方にも海外渡航を最低限にして(それでも、なんやかんや3回は渡航しますが)、デスクで落ち着いて仕事をすることに集中したいと思います。今書いているブルキナファソの政変に関するもの、篤農家の論文を4月頭までに、その後は、学会で何度か発表したストリート・チルドレンの統計調査の成果報告、あとは、眠っているストリート・チルドレンの論考をもう一本出し切る、これはマストの仕事なので、公表して、自分にプレッシャーをかけます。

一応、2014年の実績一覧は以下の通り。(通算の実績は、地球研のホームページ参照。http://archives.chikyu.ac.jp/archives/AnnualReport/Viewer.do?prkbn=R&jekbn=J&id=482)

************************************************
【口頭発表】
Takao SHIMIZU, Ueru TANAKA and Hiroshi NAKAMURA The technology co-designed with 'Studying Farmers (Tokuno-ka 篤農家) in Burkina Faso and Niger . Joint seminar on 'Community development assistance based on local resources and social networks in the Sahel', 2015,02,04-2015,02,04, ISM, Dakar, Sénégal.(本人発表).  
清水貴夫 Becoming Muslim in a modern educational system in Burkina Faso: A challenge of Coranic school and 'Franco-Arab'. ヤウンデ・フォーラム(科研費(基盤S)「アフリカの潜在力を活用した紛争解決と共生 の実現に関する総合的地域研究」代表:太田至), 2014,12,05-2014,12,06, .(本人発表).  
清水貴夫 「サーヘルの篤農家の水食との戦い 西アフリカの篤農家の挑戦」. 北海道大学大学院工学研究院・総合地球環境学研究所共催 地球環境研究の社会的インパクト評価に関するワークショップ「地域に寄り添う研究の在り方とは?」, 2014年11月01日, 北海道大学、北海道札幌市.(本人発表).  
清水貴夫 ワガドゥグにおける「ストリート・チルドレン」の統計調査・調査結果. 第14回 アフリカ教育研究フォーラム, 2014年10月24日-2014年10月25日, 総合地球環境学研究所、京都市.(本人発表).  
町慶彦(NTCI)、田中樹(地球研) 真常仁志(京都大)、清水貴夫(地球研) ブルキナファソ・中央北部州におけるザイの普及状況と地域住民による受け入れ. システム農学会2014年秋季大会, 2014年10月17日-2014年10月18日, 京都大学、京都市.システム農学会優秀発表賞(北村賞)受賞.  
Takao SHIMIZU Is the problem of "street-children" is a "social problem" or a phenomenon on the urban space? Looking through anthropologist on NGOs (Ouagadougou, Burkina Faso). International Union of Anthropological and Ethnological Sciences (IUEAS) 2014 with JASCA, 2014,05,15-2014,05,18, Makuhari Messe, Chiba, Japan.(本人発表).Co-convened "Learning of/with children: anthropologist at "school") with Kae AMO (EHESS) and Jean Paul Filiod (Université Claude Bernard Lyon 1), 査読付.  
清水貴夫 ワガドゥグの「ストリート・チルドレン」統計調査:中間調査報告と今後の計画. 第13回アフリカ教育研究フォーラム, 2014年04月11日-2014年04月12日, 大阪大学、大阪府豊中市.(本人発表).  

【招待講演】
安藤寿康(座長・慶応大学)、亀井伸孝(愛知県立大学)、竹ノ下祐二(中部学院大学)、山田肖子(名古屋大学)、清水貴夫(地球研) 文化的・社会的環境で育つ子ども-アフリカ子ども学の試み. 日本子ども学会 第11回子ども学会議, 2014年09月27日-2014年09月28日, 白百合女子大学(東京都 調布市).亀井発表「アフリカ子ども学のねらい:私たちがアフリカから学べること」、竹ノ下発表「ガボンの村の小学校で動物界がコンクールをやってみた」、山田発表「アフリカ子ども学の経緯とねらい」、清水発表「ストリート・チルドレンから「アフリカ子ども学」を考える」.  

2 件のコメント: