2014年3月3日月曜日

食文化シリーズ ヤッサ・ジェンとチェプ・ジェンとチェプ・ヤップ(セネガル番外編2)

昨日ブルキナファソに戻る。1週間の滞在とはいえ、密度の濃い、また、楽しいものだった。特に食はずいぶん楽しませてもらった。

とにかく最後まで一食を無駄にしないように、しっかり食べてきたので、セネガル番外編2本目を報告したい。


お世話になったジャネ先生宅にお呼ばれして、ザ・チェプジェン。セネガルの食文化で特にいいのは、こうして大皿でみんなで食べること。そして、それぞれが満腹を目指して食べるわけだけど、隣の人に魚をほぐしたり、野菜を切り分けて配ったりしながら共同作業で食べることだ。この日はジャネ先生の奥様がホスト役で、食材の説明をしてくれながらいろいろと取り分けてくれた。アフリカ人がスプーンで食べている横で、僕は手で食べていたので、メモなどできるわけもなく、ひたすらがっついた。中でも魚の干物(クサヤっぽい)のがおいしかったのだけど、名前は忘れた。知ってる人、教えてください。


時間が前後するけど、その前日のホテルでの食事。ヤッサ(タマネギソース)に魚(ジェン)でヤッサ・ジェン。これもセネガルのいいところで、魚が旨い。また僕のドラえもんハンド登場で、なんとなく大きさがわかるだろうか。おおよそ30㎝のおそらくスズキ。白身が旨い魚だ。鯛やらスズキやら、日本では高くて買えない魚が、ここでは激安、そして新鮮。魚、よく食いました。

そして、移動中の機内食。セネガル発ということだろうか。チェプ・ヤップ(鶏肉)が出た。ちょっとびっくりしたけど、機内食はこういうのがいい。到着する国のものではなくて(ブルキナでもよく食べるが)、出発先の国のものを出して後ろ髪をひかれる感じだろうか。冷えていたのが残念だったけど、なかなかの味付け。これでしばらくチェプはいいな、という気にさせてくれる。

そんなわけで、いろいろなことに翻弄されながらも、充実したセネガルを離れ、今日からワガドゥグでの調査を再開。いきなり大きな調査からだけど、うまく行きますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿