2016年1月19日火曜日

ワガドゥグのテロ‐3(これまでのニュースのまとめ)

ワガドゥグのテロを時系列的にまとめます。Jeune Afrique(JA)の記事を翻訳しました。

隣国マリやニジェールにおいて2010年ころからの混乱をもたらしたAQIM(イスラームとマグレブのアルカイダ)および、ボコ・ハラムの影響は、ブルキナファソにはつい最近までほぼなかったと言ってよい。いわば、ブルキナファソはサヘル地域における緩衝地帯のような位置づけであった。しかし、2015年4月ブルキナファソは最初のAQIMによる攻撃を受ける。ルーマニア人がAQIMにより誘拐された。
        
2016年1月15日

19:30 “Cappuccino”のテラスから火の手が上がる
JAによれば、Cappcinoは、ブルキナべ(ブルキナファソ人のこと)中流階級や外国人対象のレストラン、だが、まあ上流階級と言った方がいいだろう。戦闘員は「アッラーフ・アクバル」と叫びながら、彼らは無差別にすべての人に対して掃射した。

当局によれば、29人の人びとがこの機関銃掃射により犠牲になったが、その中のほとんどはCappuccinoにいた客だったと発表された。

20:00 Splendid Hôtelに飛び火する
長い掃射のあと、軍・警察の到着前に、テロリストは、人を傷つけ、車への放火を終えた。ジハーディストは、その後、クワメ・ンクルマ通りを渡り、スプレンディド・ホテル(147室)への突入した。ジハーディストは何人もの宿泊客を銃撃して傷つけたものの、死者は出なかった。スプレンディッド・ホテルは1泊40,000Fcfa(僕の記憶では)と、ワガドゥグのホテルの中でも上級に相当、この時も
その外では、特殊部隊が街区を封鎖する。

1月16日

1:00 フランス特殊部隊が現場に到着。
午前1時、マリのガオに駐留しているフランス特殊部隊が到着。それとともに、アメリカの特殊部隊も到着し、ブルキナファソ軍のエリート部隊の150人の人質解放活動をサポートした。
未明までの間、テロリストの足跡はつかめなかった。保全部隊の情報によれば、火炎はバリケードの数メートルのところ、「タクシー・ブルス」まで届いた。

5:00 激烈な銃撃戦
数時間の小康状態ののち、明け方5時に激烈な銃撃戦となった。ジャンダルメリー(憲兵隊)とフランス特殊部隊の連合の連隊長が急襲する。「彼らは塹壕の中にいたが、いろいろな意味で全く銃撃を辞めていなかった。」3人のテロリストが「タクシー・ブルス」で打倒されていた。

7:00 4人目のテロリストが死に、テロが収束する。
テロが収束したのは、4人目の襲撃者が体勢を立て直すために隣のホテル・イビに逃げ込んだところを殺された7時ころのことだった。

大きな問いがある。ジハーディストの戦闘員はAQIMから送り込まれたが、だれが攻撃を要請したのか?また、4人の個人的な意思によるものか?複数名の証言者が、襲撃者がもっと多かったと述べている。もし、彼らの言うとおりであれば、何名かのテロリストが網の目を潜り抜けた可能性は否定できない。


【参考資料】Jeune Afrique 2016 0119, 0850 http://www.jeuneafrique.com/294557/politique/burkina-retour-sur-lattentat-qui-a-ebranle-ouagadougou/
にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿