【研究会】『アジア・アフリカ乾燥地の社会・生態変化への適応』(1月15日)@酪農学園大学


今年度2度目の北海道押しかけ研究会。北海道の海の幸が目的…いえいえ。ちゃんと企画ありきです。モンゴル・インド・アフリカと世界の半乾燥地域における農耕や牧畜、社会の変容について議論します。

新年が明け、早くも年度末の足音が聞こえてきます。自分の国内での発表は今年度(おそらく)これが最後。内容は以前東京で発表したものを少しバージョンアップさせたもの、と思っています。ただ、追加した参考文献が読み終わらず、どこまでいけるか…しかし、やれるだけのことはやります。僕の中では、プロジェクトの弱点、強いては「開発学」と呼ばれる分野の弱点の本質的な部分を突ける考察だと思うので。









コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

祝刊行!『ブルキナファソを喰う アフリカ人類学者の西アフリカ「食」のガイド・ブック』あいり出版

ブルキナファソの選挙終了