2015年1月22日木曜日

岐阜合宿(20150114-15)①食レポ

昨年から始めた所内の研究員のみによる合宿。フィールドワークというか、その土地についての解説を受けながら、それぞれの分野から発言し、様々な分野からの視点を学ぶ、という趣旨で行われている(と理解している)。昨年は近江八幡、今年は岐阜になった。今年のナビゲーターは昨年から仲間入りした岐阜出身の關野さん。

まあ、まずは軽いネタ。食いもんネタから(ここで終わると遊びに行っているようにしか見えん…)。

お昼過ぎ、岐阜駅について自転車を借り、まずはお昼ご飯。そしてまずは東海圏のめし。味噌カツ。ダブル+大盛り。甘っちょろい京都に慣らされた僕も名古屋圏の破壊力のあるメシの威力を再確認。カツを余していると、お店の方が、「大盛でいい?」と当たり前のように大盛を持ってくる。さすがだ。

初日、その後山川醸造(醤油工場)の見学で醤油をテイスティングして、そして、タイ焼き屋さんにも連れていってもらったけど、残念、写真を撮っていない。

2日目。順番は逆だけど、久しぶりにナポリタンを食べた。朝、出勤前に見ていた日野正平の番組でうまそうだな、と思っていたのもあるけど、そういえば、東海圏のナポリタンには卵が引いてある、ということを皆さんに紹介したかった、というのも。ガッツリ。


で、そんなわけで、前菜扱いされているような、ちゃんとしたお昼ご飯。「楮」というオシャレ和食屋さん。名古屋に住んでいたにも拘わらず(住んでいたため)、岐阜のことは大して知らないのだけど、關野さんいわく、外食産業が非常に盛んとのこと。中でも、「岐阜にきたらここのランチを」ということにて。


白身魚のシンジョに鮟肝がめり込んでます。



焼ブリをクルミと春菊のソースで。和フレンチっすね。



〆の枝豆ごはんとお味噌汁(赤だしではない⇒ここは岐阜を主張してほしかった…)。

そして最後のイチゴ+ミルクゼリー。

やっぱり知ってる人に連れてきてもらうといいものにありつける。自分の足で探すのも楽しいのだけど。

0 件のコメント:

コメントを投稿