2010年12月17日金曜日

とうとう始まった!(コートジボアール大統領選挙)

最悪のシナリオをたどりつつあるコートジボアール。

夕方のニュースでは、もう死者が出始めているという報道。5人までは追えたが、もう100人も亡くなったとかいう風説まで流れている。

夕食を友人の前妻が営む飯屋で摂った。友人も長くコートジボアールで過ごし、彼の前妻は親類の多くがまだアビジャンに残っている。携帯(改めてすごいツールだ!)で現場の様子を聞く彼女。外出禁止令以前に、相当緊迫した市内。誰一人として外には出ていないという。そして、食料が不足し、何とか買えても米が1kg=2000Fcfa(ブルキナでは、50kg=10,000Fcfa程度から)とか。各派の軍も盛んに動き回っているともいう。もう内乱状態だ。解決の手段は限られた。本当に早く収まると良いのだが…

そして、ワガドゥグには、ノエルの装飾が増えてきた。去年もこの時期にワガドゥグにいたが、街が格段に明るくなっている。中心部の道には、ミレナリオが…少しずつ祭りのムードが高まるワガドゥグ。

国境という、境界を挟んでこの違い…ブルキナベは平和のありがたさをかみしめているのか…

0 件のコメント:

コメントを投稿