追われたときは。

ちょこちょこと研究の報告などをブログに書いていて、そんな機会にほかの人のブログに目を通したりするんだけど、見せていただいているブログを読んでいると、実に豊かな生活を送られている方がいて、こうして追われまくって、視野が狭まっている自分が客観的に見られる。

毎年この時期は、新年度のバタバタが抜けたと思うと学会の発表があって、原稿の締め切りなどが重なると、とんでもないスケジュールになる。まあ、職業柄仕方ないのだろうけど、こんなときだからこそ、少し余裕が持てるようになりたいものだ。こうなるのがわかっていて、カレンダーに見たい映画のスケジュールを入れ込んではみたが、見事にスルー。

でも、今週末が山場。少しは潤いのある生活もできるだろう…と思う。発表が終わったら即効で映画のスケジュールを確認して、調査に持っていく小説を選んで…あと野球も見に行きたいし。あとは嫁さんの就職祝いの日程を考えねば…と自分で自分ににんじんをぶら下げてみる。

コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

祝刊行!『ブルキナファソを喰う アフリカ人類学者の西アフリカ「食」のガイド・ブック』あいり出版

ブルキナファソの選挙終了