子ども学と子育て Vol.17 貴一朗のカゼ

「保育園に行ったらカゼもらってくるよ~」

とか、

「保育園でもらってきたカゼで一家全滅」

という話は、お子さんをお持ちの知人からよく聞く話。ご他聞に漏れず、うちも今月はひどいことになった。4月、貴一朗が保育園に行き始めて数日後にもらってきたカゼが、最初に僕に移り、喉がイガイガ(何とか数日で終了)。かと思うと、連れ合いも喉をやられ、普通のご飯が食べられなくなり、お粥にして~。そして、一昨日あたりから、再び、僕の方に。寒気がして、やばいな…と思ったら、やはり夜中に喉が痛くて起き、昨日は数年ぶりに39度の熱。大したことはないだろう、と思い、買い物に行ったら、買い物先で動けなくなってしまい、タクシーで帰宅する、という始末…貴一朗は、と言えば、まだまだ夜中の咳と鼻水が少々。もう1ヵ月近くになる。

元気であれば、アホでOK。貴一朗が生まれた時からそう思ってきて、小さな体で夜中に咳こんで辛そうにしていると、なんだか切ない気分になる。

「代われるもんなら代わってやりたい」

意外に病弱だった幼少期に母親がよく言っていた、その言葉もよくわかる。本当にこの休み中によくなるとよいのだけど。

コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソの選挙終了

感想文:大山修一2015『西アフリカ・サヘルの砂漠化に挑む ごみ活用による緑化と飢餓克服、紛争予防』昭和堂

『エール!』エリック・ラルティゴ監督