鬼の霍乱

年も押し迫り、みな忙しそう。暖冬とはいえ、少しずつ冬らしい日が増えていき、さらに、インフルエンザもはやっている。

今週頭、研究室の教官2名が風邪で休みだった。そのうちの1人が昨日のゼミの教官で、普段は「強め」のキャラ。私もでかいが、タッパは私以上(おそらくコレステロールも…)。「フィールドワーカーは体力や!」と言ったかどうかは知らないが、そんなことも言いそうなタイプ。鬼の霍乱。しかし、鬼の居ぬ間に、ということでもある。

コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

ブルキナファソの選挙終了

【食文化シリーズ】ンゴレ