第4回「アフリカ子ども学」研究会

 
 
出張帰りすぐに研究会やります。あぁ、言ってはみたものの、発表の資料がまだまだできていません。僕の話題提供は、僕自身の関心の経緯を示しつつ、ニジェールのクルアーン学校の事例を出して、最後に問題意識に戻ってそれに基づく今度の調査のことについて少し話をさせてもらおうかと。最終的には構築主義的な「社会問題」論が中心のテーマになってくる…かな。
 
 
いずれにしても、そろそろマジメに考えねば…

コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

祝刊行!『ブルキナファソを喰う アフリカ人類学者の西アフリカ「食」のガイド・ブック』あいり出版

ブルキナファソの選挙終了