『マリを知るための58章』竹沢尚一郎(編)明石書店


分担執筆者の今中亮介さんからご恵贈いただきました。ありがとうございました。

執筆者を見ていると、西アフリカでも、マリ研究では、特に宗教・歴史・文化の研究が分厚いのだということがよく分かる。もちろん、西隣のセネガルは数としては、たくさんいるが、一人ひとりの研究者が濃密な研究をしているのが印象的。

連れ合いも知っている人が多いので、現在連れ合いがパラパラめくっているので、その後で拝見します。

どうもありがとうございました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村

コメント

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

【食文化シリーズ】ンゴレ

ブルキナファソの選挙終了