『ブルキナファソを喰う』出版記念イベント

高野秀行さんとの対談(榑松郁磨さん撮影)
 約60名の方にお越しいただき、2月19日にイベントが開かれました。当初は人が来なかったらどうしよう…という恐怖に震えながら準備をしていましたが、ふたを開ければ、定員いっぱいの、懐かしい顔、いつもの顔、そして初めてお目にかかる方もたくさんいらしていただけました。

話は高野さんとの共通の関心事である「スンバラ」、ブルキナファソの旨い肉の話、そして、ちょうど3週間ほどブルキナファソに行ってきたばかりの高野さんのアブドゥルの話…このイベントにたっぷりとブルキナの香りを漂わせてくれました。そして、この「ガイド・ブック」を始めて使ってくれた方として、その使い勝手をご紹介いただきました。

約2時間のトークイベント、そして、その後はトやリ・グラなど、ブルキナファソ料理を中心とした食事会。…だったのですが、僕は皆さんからサインを求められる、という、まあ、きっと今後全くあり得ない展開で、ただでさえ緊張していたのが、さらに慣れないことをやったもんだから、この寒いのにすっかり汗だく。高校時代の同級生が気を利かせて継いでくれたビールの旨いこと…

そんなわけで、無事にこのイベントも終わり、これで本当にようやく一仕事が終わりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ アフリカ情報へ
にほんブログ村


アフリカ(海外生活・情報)ランキング
人気ブログランキングへ

コメント

  1. 荒熊さん。今日、短い一時帰国からマレーシアに戻りました。日本で「ブルキナファソを喰う!」購入しました。とりあえず前菜を一気に読みました。実に面白いです。近々私のブログにて書評をしたためたいと思っています。益々のご健勝をお祈りいたします。

    返信削除
  2. ご無沙汰しております。拙著、お求めいただきありがとうございました。書評、楽しみにしております。ぜひお気遣いなく、厳しいご意見もいただけますと嬉しいです。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

ブルキナファソで非常事態宣言

ブルキナファソの選挙終了

フィールドワークについて考えた