2013年5月20日月曜日

「アフリカの子ども学」分科会@日本アフリカ学会第50回学術大会

立て続けですが、アフリカ学会での発表の案内です。

昨年インドの学会で分科会を組んで味を占めてアフリカ学会でもやります。親方は竹ノ下祐二先生、コメンテーターは澤村信英先生、発表者は亀井伸孝先生+阿毛香絵さん+清水の3名。本日資料締切で、先ほど仮のものを提出…しかしまだまだブラッシュアップが必要。ということで、これからもうひと踏ん張り!


++++++++++++++++++++++++
◆日時:5月25日 13:30~14:30
◆場所:東京大学駒場キャンパス、D会場

【プログラム】
趣旨説明:竹ノ下祐二+清水貴夫
報告
①亀井伸孝「狩猟採集民バカの子どもにおける学校教育と生活の現在-1990年代と比較して-」
②阿毛香絵「セネガルにおける初等教育とコーラン学校-近代化、伝統教育と再イスラーム化のはざまで-」
③清水貴夫「ザルマ社会(ニジェール共和国)におけるクルアーン学校-ファカラ地方の広域調査から-」
コメントと討論:澤村信英(コメンテーター)

◆参考
日本アフリカ学会学術大会(@東京大学)

++++++++++++++++++++++++

こんな感じです。

0 件のコメント:

コメントを投稿