2010年10月14日木曜日

一難去ってまた一難…

マラリアは完治した。

しかし、薬とマラリア自体が体に及ぼす傷痕は浅くなく、γGTPが200越え。以前の肝炎もどき以来の数値となる。別に肝炎でもないので、おとなしく禁酒生活を楽しめばよいだけ。

もう「一難」は、すっかり忘れそうになっていた、「T」。風でも痛い、あいつである。大概痛みには強いから、ちょっとやそっとではまいらないが、「T」の脳髄をかきむしるような痛みはなかなかつらい。それにしても、発作らしい発作は3年ぶり。マラリアの検査をしたときに、少し脱水症状を起こしていたので、これが誘発要因になったものだろう。というのは、食べ物類では、それなりに気をつけていたので、起こりようもないし。

しかし、休んでいる暇はないので、今日も出勤。皆さまも健康には気をつけて…

0 件のコメント:

コメントを投稿