2010年8月30日月曜日

Bobo Diulasso, Banfora4

今回で最終回。

もうお見せできそうな写真がないので、文字だけにて。

バンフォラでは、その後、森重さんが活動するシアバターの工場を見学。彼女のバイタリティと粘り、製品に込められた熱い思いを聞く。1個7,350円の石鹸を売り出すという、なかなかエキセントリックなことをしていますが、非常にまじめです。よろしければ…

アダンセHP: http://www.a-danse.jp/about/

バンフォラを出て、ボボディウラッソに着いた時にはすでに日が西に傾きかけた3時ころ。なんとか暗くなる前にワガドゥグに着きたかったので、先を急いだ。しかし、そこは元気なKさん。虎視眈眈と夕陽ポイントを探していた。

途中、オウンデあたりの沼に照らされる夕陽。「止めて!」の一言で、車から飛び出すKさんに、アブドゥルとタバコをくゆらせながら交通整理をする(そんなわけで写真を撮るどころではなかった…)。でも、その景色はとても幻想的で、その景色と相対するKさんも神々しくもあった。

なんとかかんとか、9時ころにワガドゥグ到着。そうとう疲れていたのか、百戦錬磨のアブドゥルがワガドゥグで道に迷う、というおまけがついたが、無事にこの旅も終わった。

ボボ・ディウラッソは3回目(1回、マリに行った帰りに通ったな…)、バンフォラは初めての滞在となった。Kさんがいらしたこともあり、ゆっくりと見られたし、泊まるところもサバイバルな感じでなかったし、食事もきちんとしたところで摂った。初めてのゆっくりしたブルキナ旅行だったような気がする。

バックパッカーを気取って、20代前半からアフリカをある意味旅し続けてきたけど、やはりちゃんとしたホテルが気持ち良かったり、シャワーもお湯が出た方が落ち着く。いい年になったもんだと、自分で感じてしまう。ひたすら車に乗り続け、でも、とても楽しかった旅行のお釣りはそのあとの数日間の腰痛だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿